Screen printing machine works

スクリーン印刷機は、原則導入を働きます -

1.プレーンフラットスクリーン印刷機の動作。

1つの平面スクリーン印刷機の作業サイクルプログラム。 フラットハーフトーンスクリーンタイプ単色半自動スクリーン印刷機の場合には、その作業サイクルのものである:給電→位置決めは→まで上昇→インクストロークを掻き取り→インクプレートに戻し、インクプレートまで→脱落しますインクプレート→リフトバージョン→インクリターンストローク→リリースポジショニング→受け取りに戻ってドロップ→インクプレート。

 各作業サイクルを短縮し、作業効率を向上させるように連続的なサイクル動作では、限りの機能を実現することができるように、各アクションによって占有される時間は、できるだけ短くすべきです。

 3刷り込みライン。 印刷プロセス中、インクプレートとスクリーンプレートをインプリント線と呼ばれているスクリーン版と基板の間の接触線を形成するように押圧されます。 このラインは、スキージのエッジであり、無数の線がプリント面を形成します。 印刷ストロークが動的なプロセスであるので、理想的なニップを達成することは困難です。

3スクリーン印刷機が動作します。 インクスキージインク及びスクリーンを押圧するように力が伝達機構によって伝達される。一例として、一般的に使用されるハンド状スクリーンの平面スクリーン印刷機を取って、スクリーン印刷機の動作原理は、以下のように記述することができます。プレートとインプリント配線基板フォーム画面を作るために移動中の印刷版。 画面は緊張N1とN2を有しているので、力F2は、スキージに生成され、反発性がインプリントラインを除いて、基板に触れないようにスクリーン版を引き起こします。 インクは、スキージがメッシュを介して基板に移動するニップから漏洩し、スキージの圧迫力F1の影響下にあります。

 印刷プロセス中に、スクリーン印刷版とスキージを互いに対して移動させ、そして圧搾力F1と弾性F2も同期して移動されます。 回復力の作用下で、画面が接触を避けるために、時間内に基板との連絡に戻されます。 汚い刻印。 これは、印刷ストローク中に、画面が継続的に変形して反発している、です。

 スキージは、単方向印刷を完了した後、スキージがスクリーン版とともに基板から剥離されます。 同時に、スキージが印刷サイクルを完了するために、インクに返されます。 基板の上面及びインク復帰後にスクリーン版の裏面との間の距離は同じプレート距離又はネット距離と呼ばれ、一般的に2〜5ミリメートルであるべきです。 手が、印刷されたとき、操作者の技術および技能を直接ニップの形成に影響を与えます。 実際には、スクリーン印刷機は、線形性、均一速度、等しい角度、圧力均等化、中性、及びスキージの垂直性を確保するため、つまり、6点に要約することができる貴重な経験の多くを蓄積しています。 言い換えれば、スキージは印刷中にまっすぐであるべきであり、左右の振とうすることはできません。 それは前に高速であることと、それは高速での後、そして高速で前後に速い遅いかすることができません。 インクプレートへの傾斜角度が一定に保たれるべきであり、特別な注意は、傾斜角度を克服するに支払われるべきです。 徐々に共通の問題を高めます。 印圧が均一に保たれるべきです。 スキージと等しいメッシュ枠の内側との間の距離を保ちます。 インクプレートを保持し、縦枠。

2.フラットスクリーン表面印刷機の作品。 フラットスクリーン面スクリーン印刷は、円筒又は円錐面上にフラットスクリーンでスクリーン印刷を指します。 特定の条件下で、このような楕円面、ドラム面、及び円弧面として湾曲面にスクリーン印刷を行うことも可能です。

ドライネット曲面スクリーン印刷機は、湾曲した表面に印刷するフラットスクリーンプレートを採用する機械です。

曲面A-ころ軸受B軸を有するフラットスクリーン印刷機の原理は、c-モザイクベアリングをサポートします。 印刷中に、フラットスクリーン印刷版と基板の動きは、スキージが静止している間。 フラットスクリーン印刷版は、スクリーン枠と均一な速度でフラットスクリーン曲面スクリーン印刷機の移動にクランプされます。 支持装置上に配置された印刷材料が原因スクリーン版の摩擦に回転します。 ニップラインに湾曲した基板の線速度は、スキージ印刷を実現する薄型プレートの速度と同じです。

 理論的には、エンボス加工ラインがオフウェブ角を大きくして印刷品質を確保容易にするために、表面印刷基板の最高バスバーであるべきです。 調整の便宜のために、スキージは、一般的に60°±15°の頂角を採用し、垂直度及び上下寸法を調整できることが要求されます。 垂直の調整は上下に調整したときにエッジ線は横方向シフトを生じないことを保証することで、常に最高のバスAと整列します。 60°±15°の頂角を有するスキージをスキージ角度は垂直設置した後に形成されることを保証するために使用されます。 α。 実際の調整では、平面スクリーン印刷版と表面印刷材料が時間的に分離されることを保証するために、インプリントラインはわずかに前方にあってもよいです。 基板の直径が比較的大きい場合、特に、インプリントラインが前方に位置しなければなりません。 湾曲した印刷用の支持装置は、特殊な装置のすべての種類は、製品の要件に応じて、ユーザによって設計および製造されています。

円筒形容器又は円錐容器は、1.5未満の直径に対する長さの比を有する曲面、スリーブ型とカップ型のブッシュ軸受にローラーベアリングの二対で印刷することができ、かつ柔軟な中空容器は、膨張可能なデバイスによってサポートすることができます。 楕円は、略円筒状のモザイクによって支持することができる円筒面の一部です。

円錐の表面に印刷の原理は、基本的に円筒の表面に印刷の原理と同じです。 違いは、スクリーン印刷版のグラフィック形状とスクリーン印刷版の移動形態です。 円錐の表面の印刷に使用されるスクリーン印刷版を作製する場合、最初のコーンの面の展開図を描画し、展開図に基づいて、セクタの中心を見つけ、その後、適切なフレームを選択する必要がありますスクリーン版を作ります。

完全扇形ABEDを収容することができるEFGHのバージョンに、扇形に適合する印刷版が作製されます。 バージョンEFGHに直角バーを固定し、扇形バージョンとしてのO軸を取り付けます。 次いで、4つのローラは、プレートの下に基板を支持するために使用され、シリンダの表面の印刷と同様に、ブレードが固定され、プレートは、ファン状に移動し、コーンプレートの表面に印刷することができます刃を押します。 印刷中に、円錐形の印刷が特定のスキージ圧力下でスクリーン印刷版と線接触させます。 スクリーン印刷版は、扇形展開図の軸の周りに水平に移動したとき、記録材は、支持装置上に同期して回転されます。 スポーツ; スキージの圧力下でインクが、印刷を完了するために基板の表面に逃しました。


Post time: Mar-23-2018